掲示板バックナンバー
1999年1月30日から


女緘の達<仕切人1話> <30 Jan 1999 02:29:14>


仕切人の1話は不思議な回である。
初期の必殺に勝るとも劣らないと思えるシーンの次に、なんじゃこりやと言わずにはいられないシーンがくる。
大抵の場合、「XX人のXX話は傑作だよね」「YY人のYY話は、いまいちだよね」となるのが自然な流れであろう。
だが、この仕切人の1話に関して言えば、「傑作なシーン」の次に「駄作なシーン」がくるのである。
そして、「なんじゃ、今のシーンは?」と首を捻ったあとに「おおー、こりゃ、ええじゃんか!」というエピソードがくる。

う〜ん。不思議な回だ・・・。これに関して具体的に述べていいでしょうか?>竹細工師さん


竹細工師<仕切人1話その2> ここ <30 Jan 1999 21:11:52>


>これに関して具体的に述べていいでしょうか?

ここは一応、必殺の掲示板ですから、遠慮なく。
確かに仕切人の1話は内容的によろしいと思います。
仕事人4があまりにもあまりにもあまりにもだったので、よけいに
いい作品に見えました。視聴率も凄かったと思います。

仕切人は2話からなぜにあんなに暴走し始めるのか不思議ですね。
ともかく、仕切人第1話について語りましょうか。


竹細工師<ついにCSに加入する!> ここ <31 Jan 1999 22:03:43>


スカパーに加入しました。
2月からch362ホームドラマチャンネルで”必殺仕置人”が始まります。
ホームドラマチャンネルでは、”助け人走る”もやっています。
一週間に2度同じ回を放送してくれるので、録画のミスなどにもいいです。
助け人が終わった後、なにをやるのかが楽しみです。
もう一つがch310の衛星劇場。”必殺仕置屋家業”を放映中。
こちらは、同じ回を3回も放映してくれます。(今日は録画をし忘れてしまった。月末なのでもうやらない悲しい)

2年ぐらいしたら、全シリーズ集まるかなあ、なんて夢みたいなことを考えています。
さて、36000円の出費(アンテナ+チューナ−)+月間基本料290円+衛星劇場1800円+ホームドラマチャンネル550円。
月々2640円の元は取れるかな??


女緘屋<CSで元がとれなきゃ> < 1 Feb 1999 00:33:42>


ハラがたちますで。

そうそう、今、仕置人やってるんですよねえ。

よきことですたい!


ザナック<三味線屋勇次> <12 Feb 1999 06:09:27>


 なんだかとっても評判がよいみたい。。。
 「ネタバレ」を気にするほどの出来映えらしいから、ネタバレ情報を目にしてしまう前に、映画館に見に行こうかな。。。
 映画館なんて行くの、5年ぶりくらいだぞ。。。 そこまでして見てみたいと思ったのは、生まれて初めてかも。。。


ザナック<壁紙> <12 Feb 1999 06:11:19>


 ここの背景は、背骨折りだとのことですが、私の環境では全然そう見えないので、壁紙だけ抽出してみたらほんとに背骨折りでした(笑)。
 私の環境だと、ただ「ギザギザがある」だけなんですよー(笑)。


竹細工師<映画の話> ここ <16 Feb 1999 19:48:18>


ザナックさんどうも。一応「背骨折り」でやんす。
「三味線屋」は評判がいいみたいですねえ。打ち切られる前に行こうと思ってます。
どなたたか見に行かれた方がいたら、「ネタ」は振らずに、行く価値があるかどうか教えて欲しいものです。


ザナック<映画の話> <16 Feb 1999 21:14:41>


竹細工師さん、ども。市松なのですね?
映画、見てきましたー!
うん、見た値打ちはあったと思います!
まあ、ビデお待ちでもよかったと言えばよかったと言えるかもしけないけれど、やっぱりネタバレなしで先に見られたのはとってもよかった!
正直言って、「えっ!」と某シーンでは驚いたし、前半、いろいろ「うーん・・・」と首をひねっていた「演出ミスじゃないのか」が、その瞬間から、後半、「そうか、あの演出はミスじゃなくって、ミス・ディレクションだったのかっ!」とムナ落ちしまたもん。
これはですねー、とにかく、「ネタバレ」してしまう前にまず見る、それをおすすめです!
文句を1つだけ言うなら、もういい加減「金を取らなきゃ、ただの人殺しだ」というセリフは聞き飽きたよ(^^;。
と。。。思ったら、「はっ」、このセリフ、確かに仕切人1話での勇次のセリフ。。。
そうか、このセリフすらわざとだったのかあ。。。


女緘屋<今週末にでも> <17 Feb 1999 13:35:23>


勇次の映画を観にいこう。
初日の舞台挨拶を見るもくろみはインフルエンザによって打ち砕かれてしまったので・・・

浅草で見てこようかな。その後、仲見世をぶらぶらするのも悪くないなあ・・・


ザナック<早く見てきて〜> <17 Feb 1999 21:37:35>


ネタバレありでお話がしたい〜。。。


竹細工師<週刊ポスト> <18 Feb 1999 20:18:51>


ラーメン屋で何気なく読んでいたら、「三味線屋・・」に関する記事があった。
そのまま読んでいたら、結構詳しく紹介されていた。
「あ、まずい」と思ったときにはかなり読んでしまった。
「誰が死ぬ」というところまで読んでしまった。ちょっと公開。
では、私もなるべく早く見に行こう!

ザナックさんへ:
「金を取らなきゃ、ただの人殺しだ」って言うセリフはなんかいやですね。初期の頃には「金をもらうからただの人殺しよりも悪人」って感じだったのに、
シリーズ後期じゃ正義の味方みたいな感じで使ってますからね。


ザナック<そうそう> <18 Feb 1999 21:16:15>


>竹細工師さん

「金をもらわなけりゃただの人殺しだ」って言い方には、「金をもらってるから、ただの人殺しより上(りっぱ?)だ」みたいにきこえるものがあるんでげすよね。
あたしゃあやっぱり、「おれたちゃ悪よ、悪で無頼よ」「人様の命もらっておまんま食ってる悪党だ」「殺しは殺しだい、この癖はなかなかやめられねえぞ」の線が好きなんですなあ。

 まっ、勇次が言う分には、なるほど勇次は仕置人でも仕業人でもなくって、仕事人なんだもんナー、仕事人なら「金をもらわなけりゃただの人殺しだ」なんて言いもするよなあ、だって仕事人ってのはそういうモノ。。。というより、勇次の場合は、確かになるほど「新・仕事人」から登場した「純正仕事人」で、1度だって「仕置人」だったり「仕業人」だったりしたことはないんだもんなあ。。。1回仕切人とか名乗ったけど。と。。。思ったのでしたー。


女緘屋<そこが、仕事人と仕置人の違いやね> <19 Feb 1999 03:00:34>


むろん、どっちが良い悪い、ではなく、趣味の問題ですけどね。
前にも持ち出した論理ですが、カレーライスとハヤシライスの違いみたいなもんで、単に「俺はこっちが好き」ってだけの話ですけどね。

>「金をもらわなけりゃただの人殺しだ」って言い方には、「金をもらってるから、ただの人殺しより上(りっぱ?)だ」みたいにきこえるものがあるんでげすよね。

私も同感。金をもらえば、人を殺してよい、という風に聞こえる。私の好きなシリーズである「渡し人」でも第一話で中村雅俊さんがそう言ってた。かなり違和感を覚えたな、あの台詞は。

竹細工師さんとザナックさんとあちきは趣味が近いかも・・・


ザナック<金をもらえば。。。> <19 Feb 1999 06:27:02>


たぶん、仕事人3の主水の、「金を取るのはな、歯止めなんだ。。。」から始まってるような気がしますなあ。。。(^^;


女緘屋<愛する貴方を残して〜> <20 Feb 1999 00:41:27>


さすらう旅は〜
行く当てもなく・・・・・

ええ唄やね〜
聞いてるだけであちきは涙ぐんじゃいます。
>「金を取るのはな、歯止めなんだ。。。」
この台詞って、仕置人や仕業人の主水を知ってる人には随分違和感がありますよね。
#別キャラという発想が必要かもしれんな・・・・

明日はトラブルが起きない限り、浅草に行って、勇次を観てきます


しののめ<金をとる時のセリフ・・・> <28 Feb 1999 08:15:33>


こんにちわ、しののめと申します。
初めて?書き込みさせていただきます。よろしく。

「始末人」の田原がリュウひっぱたいて「金を取ら
なきゃただの云々・・・」は拙者チト『?』な印象が
ありました。かもめたちv皓で奉行所に捕まる時
にオドオドした態度見せたアンタが「偉そうに!」
と宝塚しか観ないカミさんに無理やり「始末人」を
見せたらこんな感想をモラしておりました。同感。

「三味線屋勇次」の「(金は)頼み人の”叫び声”だ」
ってのは、ちょっと目新しいですね。悪くない、うん。
・・・しかし、スリの元締めも殺しやるのネ。(あっ、
ネタばれ?でもCMで流れてたからイイでしょ?)


竹細工師<三味線屋勇次> ここ <28 Feb 1999 23:18:27>


しののめさんこんにちは、初めまして。
よろしくお願いします。どのシリーズが好きですか?ここには「渡し人」が好きという人もいますよ。

本日、遅らばせながら「三味線屋勇次」を観てまいりました。
「仕事人」としては、かなり完成度の高い出来だったと思います。
キャラクターもちゃんと描かれていたし、無意味に死ぬひともいなかったし。
元締めが連れていた、双子(?)の女の子可愛かったし。天海祐希も畉麗でしたし。

阿部寛と清水健太郎の遭遇は仕置屋の一話だとか、BGMが気に入らないとかいろいろありましたけど、
「ブラウン館」と比較することは失礼ですね。

まあ、今回の映画を観て思ったんですけど、「マイナスのキャラクター」がいないというだけで、ちゃんと
いい作品に仕上がるんですね。どうして後期必殺に「順之助、スキゾー」等のキャラを設定したのかわからないなあ。

あ、また後期批判をしてしまった。


ザナック<ネタバレはいかほど?> < 1 Mar 1999 05:48:57>


 ネタバレ書いちゃっていいもんなんでしょうか??
 あたし、その阿部と清水の仕置屋1話はミスディレクションやと思ったんですが。。。(この程度ならネタバレになんないすよね(^^;

 「叫び」は、いってみれば、からくり人が「金とは手を組まない!涙とだけ組む!」と言い募るのに対して、「いや、この金こそが依頼人の涙なんだ、叫びなんだ」と言い返しているんですかね。


女緘屋<やっと観たよ、三味線屋勇次> < 2 Mar 1999 00:37:06>


私自身の感想は「非常に面白かった」です。無論、いくつもの気になる点があるのも事実なんですけど。
例えば、名取裕子。パンフなんかだと、スリの元締ってことらしいが、それらしい描写は殆ど見られない。最終的にああいった役割を担わせるのだったら、それらしい設定にしてくれないと、なんだか唐突で違和感がある。
あと太った清水健太郎。どうしちゃったんだ、お前さん!失恋レストランや「雀鬼」の頃の渋さはどこに?単なる不摂生なおやぢやがな!

あと、ネタバレになってしまうが、(いいのかなあ・・書いて)ネタバレは映画の公開が終わってからにしよう。(今週の金曜日で終わりだし)。

ただ、はっきり言えるのは、この映画の主役は阿部ちゃんですね。さしずめ、勇次の役割は初期の頃の主水みたいなもん。藤田さんは元締虎ってとこね。
そして、当然「裏の主役」は本田さんで決まりである。あの役、はまりすぎ、直次郎を知るものには別の人間にすら思えてしまう。いいなあ。


ザナック<ぢゃあ> < 2 Mar 1999 06:28:13>


金曜の夜からはネタバレ解禁ですねー、えっへっへっへ。。。(変質者)


さすらいの探偵<健康になると太る奴、シミケン> < 2 Mar 1999 20:34:29>


ようは、薬害の話で進めるのなら、シミケンを薬欲しさに外道
仕事人に成り下がる薬中にしたら良かったのに!(そのまん
まや)
最後までようワカラン人物設定やったな、奴は。


女緘屋<う〜ん?> < 5 Mar 1999 10:08:16>


>どうして後期必殺に「順之助、スキゾー」等のキャラ>を設定したのかわからないなあ。
>あ、また後期批判をしてしまった。

順ちゃん、スキゾーをフォローしたいところだが、残念ながら、フォローする術が私には見つからないなあ・・

さあ、今日の夜からネタバレありでいきましょうね>皆様+ザナックさん


竹細工師<三味線屋> ここ < 5 Mar 1999 22:26:18>


さすらいの探偵さん初めまして。よろしくお願いします。

さて、やはり映画の謎は、シミケンにつきます。確か手品漫才師
(名前ど忘れ。なんとか北京だっけ?”これ大阪の方では評判よかったんだけどねえ”とかいうひと)
に弟子入りして、地方を回っていたと思ったのに・・・。
まあ、シミケンの近況はほっといて、問題はあの役柄。
薬屋とどんな関係なのか?阿部ちゃんや元締めの対応だと”仕事人”として認知されているようだが、
あの仕事の引き受け方だと、肝心の仕事料が受け取れない。
あれじゃただ働きだし・・・。
だとすると、薬屋の用心棒?そうするとあのヤクザもの殺しは、阿部ちゃんを安心させるため??
でもなんで、仕事人の頼み場所を知っているのかがわからない。

それから最初に火野正平が殺されて大騒ぎになるんだけど、糸はどうしたの?ちゃんとかたずけることは不可能な状態だったような。
絶対奉行所に捕まるって。

あと、三味線の師匠でスリの元締めで仕事人って設定はどうにかして欲しいです。

女緘屋さんの言うとおり、本田さんいい味出しすぎ。背骨折られたり、屋根から落とされたり、かんざしで刺されたり、みんな似合うような気がしました。


しののめ<さーて解禁!!> < 5 Mar 1999 22:57:15>


とりあえず、ポスターの阿部ちゃんのカット。
あれってモロにネタパレ寸前カットやっちゅーの。
「おれが死んでも、仲間はいつでもお前を見ている」
発言はなかなか聞かせますねェ。堂に入ってる、
阿部ちゃん。あんなイケてるキャラの殺しシーンが
一度もないのはかなりもったいないね、うん。
解禁のワリに大したこと書き込んでへんなァ・・・
まァ今日はこれくらいにしといたろ!!ってか。


ザナック<清水健太郎であることに全然気がつかなかった> < 5 Mar 1999 23:54:51>


 よく肥えてまあ。。。(^^; おまえは渡辺徹か。。。それはともかく。
 いい加減見飽きた「腕の立つ奴を仲間に入れる」パターンかと思わせて、どんでん。これは、「ファースト仕事人」の「仕事人危うし! 暴くのは誰か?」レベルには行っていたどんでんだったと思います。
 つまり、「新仕事人デビュー」の新シリーズ第1話と思わせておいて、実は阿部仕事人の最期を描くシリーズ最終回だったという形になるわけですから、うまく仕組まれたなあという感じ。
 阿部対清水の、まんま仕置屋やんけという主水対市松再現シーンも、「おいおい(^^;」と思わせて、実はそれによって清水を観る側に信頼させてしまうミスディレクションだったのかと思いましたねー。ちゃんと出陣のメロディーに乗ってかっこよく出て行くんだもん(^^;、西村左内かと思った(^^;。
 でもって、阿部仕事人の最期の捨てぜりふ、「ざまあみやがれ」はよかった!この映画の眼目はこのどんでんの部分から阿部仕事人の最期ではないかと思うほど。

 れにしても、清水への仕掛けはよく飲み込めなかった。。。私が頭が悪いせいか?清水と石橋はつまり勇次たちによっr皓にかけられたのか?よーわからん。
 それから仕事場面、スリのおねーさんは突然出てきて単なる人数合わせだった(^^;。
 若造の力業、唐突という意見もあるやもしれないが、どうせやるならレントゲンが欲しかった!必殺脊髄引っこ抜きとか。ここでレントゲンが出てきたら、「オオーッ!」と場内が沸いたはず。
 場内が沸いたのはなぜか野村サッチーのシーンであったぞ。。。笑い声がおこっておった。。。

 それにしても、いきなり「ファースト仕事人」終盤のように、仕事の後いきなり終幕とは思わなかった(^^;。

(職場でサー、「映画を見てきた」と行ったらサー、「アーマゲドン?」とか聞きやンの。で、「必殺仕事人」と正直にこたえたらサー。。。フッ、深くは語るまいて。。。)


じゅうべい<腕がボトッはやめてほしい> < 6 Mar 1999 01:09:37>


名取裕子(おぉ一発変換!)がスリだとは知りませんでした。
三味線か踊りの師匠かと・・。
あの「かいしゅんがん」(?)というのはばいあぐらのようなもんだったのでしょうか?
で、あのインチキ療養所に残されたかいしゅんがん被害者はその後はどうなったのか。
そんなのはどうでもいいとして、勇さんの「南無阿弥陀仏」が
手袋にくっついていたのはなんかいやです。やはり背中かスソでないと。

あと、なぜここに比較対照としてブラウン館がでてくるのかは疑問ですが、
じゅうべいが見ていた必殺となんら変わらず、面白かったです「三味線屋勇次」泣けたし。
なんか内輪の恨みはらしみたいな気もする映画だったけど・・。
しかし、必殺はいいですねー。やはり金をもらって殺す!これが必殺のいいところだと思います(個人的に)。物語うんぬんは二の次です。


しののめ<シミケンの髪形にだまされた・・・> < 6 Mar 1999 03:08:35>


仕事遂行時の清水健太郎の髪形は、マゲを
後ろに垂らしていましたね。日常から非日常への
変化(ぼくあまり肯定的ではないけど、仕事人の
殺しの時の衣装とか、髪形・・・ちょっとヒロイック
過ぎると鼻につくという、加減がむずかしい所
例えば秀や政の殺し装束、勇次の南無阿弥陀仏
、激闘竜の髪形、梅安の赤い合羽などなど・・)と
とらえていたので、まさかの裏切は読めません
でした。まァシミケンという役者的にゃ疑ってかかっても良さそうなもんやけど・・・反面、裏切られたい
し、いい意味で。だって「江戸中町奉行所」のシミ
ケンってどうみても仕置くだす側じゃなくて仕置き
される面構えやったもんなァ。
あとOPのキャストのテロップに(仕事人)と入れる
のはやめて貰いたい。特に初登場のキャラ(善玉
でも寝返りキャラでも)先入観を助長するだけ。
最初に「あっこの人も仕事人役か」と思うと、ストー
リーの展開中でも「いつこの人、仕事人の顔に
なるんやろ」なんて考えてしまうもん。「主水死す」
ん時もそう。フーミンとか野村祐人の○○二役
とか○○の息子とかいうやつ。・・・なるべくまっさら
の感覚で上映に望みたいよね。


しののめ<シミケンの髪形にだまされた・・・> < 6 Mar 1999 03:26:48>


仕事遂行時の清水健太郎の髪形は、マゲを
後ろに垂らしていましたね。日常から非日常への
変化(ぼくあまり肯定的ではないけど、仕事人の
殺しの時の衣装とか、髪形・・・ちょっとヒロイック
過ぎると鼻につくという、加減がむずかしい所
例えば秀や政の殺し装束、勇次の南無阿弥陀仏
、激闘竜の髪形、梅安の赤い合羽などなど・・)と
とらえていたので、まさかの裏切は読めません
でした。まァシミケンという役者的にゃ疑ってかかっても良さそうなもんやけど・・・反面、裏切られたい
し、いい意味で。だって「江戸中町奉行所」のシミ
ケンってどうみても仕置くだす側じゃなくて仕置き
される面構えやったもんなァ。
あとOPのキャストのテロップに(仕事人)と入れる
のはやめて貰いたい。特に初登場のキャラ(善玉
でも寝返りキャラでも)先入観を助長するだけ。
最初に「あっこの人も仕事人役か」と思うと、ストー
リーの展開中でも「いつこの人、仕事人の顔に
なるんやろ」なんて考えてしまうもん。「主水死す」
ん時もそう。フーミンとか野村祐人の○○二役
とか○○の息子とかいうやつ。・・・なるべくまっさら
の感覚で上映に望みたいよね。


ザナック<仕掛人より仕置人> < 6 Mar 1999 03:46:50>


 じゅうべいさん、こんにちはー。
 あの腕ボトッは腕が完全に作り物で、あんまり嫌悪感は(私は)なかったですよー。
 「必殺3/裏か表か」の参の生首もそうだったけどー。

>名取裕子(おぉ一発変換!)がスリだとは知りませんでした。
>三味線か踊りの師匠かと・・。

 私もー。達さんのどこかの書き込み読んで解ったんだよー(笑)。

>あの「かいしゅんがん」(?)というのはばいあぐらのようなもんだったのでしょうか?

 でしょうー。たぶん。

>そんなのはどうでもいいとして、勇さんの「南無阿弥陀仏」が
>手袋にくっついていたのはなんかいやです。やはり背中かスソでないと。

 地味に抑えて渋みを出したのでしょうか。。。?

>あと、なぜここに比較対照としてブラウン館がでてくるのかは疑問ですが、

 見落としてたのかな、誰かがそのようなことをしてましたっけ?

>じゅうべいが見ていた必殺となんら変わらず、面白かったです「三味線屋勇次」泣けたし。
>なんか内輪の恨みはらしみたいな気もする映画だったけど・・。

 私はですねー、やっぱり、

>しかし、必殺はいいですねー。やはり金をもらって殺す!これが必殺のいいところだと思います

 仕掛人的「プロとして金で殺す」より、仕置人的「情がからんで殺す」方が好きなんですよー。いや、金で殺す自体はいいんですよね、ただクールに「仕事だから」と淡々と「スパイ大作戦」みたいに遂行するより、被害者に感情移入して自分も激怒しながら仕置きする、そこで見ているこっちも一緒になって燃えられるんで。
 「金」っていうのがそこで、怒りから殺しに入る起爆スイッチみたいでー。


女緘屋<今回の映画> < 8 Mar 1999 21:15:38>


まあ、いい点もいっぱいあったし、ちょっと首を捻る部分もあったのですが、私個人が一番よかったと思うところは「大がかりな敵対組織」が存在しなかったことです。

必殺の映画第一弾を映画館で観た時、殺し屋集団が出てきて主水グループと派手な立ち回りをやってました。もう、これではっきり言って映画(の必殺)は自分の趣味じゃないなあと感じてしまいました。

映画だと、どうしても派手なシーンや観てる人を引きつける場面が必要なのでしょうが、私個人としてはああいった大仰な殺陣まわりがどうしても好きになれません。そういった組織が出てくるという時点で、もはや話が大ざっぱになるのが必至に思われてしまうからです。(あくまで私的意見ですので、気に障った方、お許しを)

なので、今回みたく、非常に私的な(狭い)世界を中心に据えた勇次は面白かったと感じたのでした。ちゃん、ちゃん。


ザナック<たちまわりー> < 9 Mar 1999 21:43:14>


 女緘屋さん、こんにちはー。

>「大がかりな敵対組織」が存在しなかったことです。

 今までは「えーがだからシャーねーんだよなー」とか思ってましたー。「約束無用」みたいな話、映画じゃできんわなー。
 今度のは、何か、テレビのエピソードの1つを超強力にしたっていうような感じー?

>た大仰な殺陣まわりがどうしても好きになれません。

 水戸黄門みたいだもんねー(^^;。大江戸捜査網とか。
 「からくり人」のラストも何となく雰囲気としてそういうのあったけど。

>なので、今回みたく、非常に私的な(狭い)世界を中心に据えた勇次は面白かったと感じたのでした。

 少し前半が冗長だったかもー。でも、「第1話」として考えれば、「新・仕事」クラスには匹敵。「最終話」として考えれば、「新・からくり」クラスよりやや上。。。


ザナックー<全テレビ版必殺私のばーいのリーグ戦> < 9 Mar 1999 21:45:29>


 「仕掛」から「激突!」までのテレビシリーズで「リーグ戦」をやってみて、自分の中で順位表を作ってみたら。。。変な結果になった(^^;。

1位 新・仕置
2位 うらごろし
3位 仕置人
4位 仕留人
5位 仕置屋
6位 助け人
7位 血風編
8位 仕業人
9位 仕事人
10位 商売人
11位 仕事屋
12位 仕舞人
13位 からくり人
14位 新仕事
15位 新仕舞
16位 富岳百景
17位 仕掛人
18位 仕事3
19位 風雲龍虎編
20位 新からくり
21位 激闘編
22位 激突!
23位 仕切人
24位 旋風編
25位 仕事4
26位 渡し人
27位 仕事5
28位 橋掛人
29位 まっしぐら

。。。自分でも意外だー。。。


女緘屋<ほんじゃあ、私のまーいべすとてーん!!> <10 Mar 1999 01:02:46>


すごいなあ、ザナックさん。
じゃあ、こっちも負けずにリーグ戦・・・と思ったが、途中でヘタりそうなので、無難に個人的趣向によるベスト10を。
尚、順番は放送順です。(だって、下記の10作品、順位はつけられん)

仕掛人・・・個人的には原作のほうが好きだが、元祖ということで。
仕置人・・・やはり、これは外せません。錠、FOREVER!
助け人・・・初の殉職者作品。タイトル通り走ってましたねえ。
仕留人・・・貢の最終回の名台詞。貢だからこそ言える台詞だ。
仕事屋・・・キャラ設定とストーリーの絡みではシリーズ中最高傑作
仕置屋・・・市松、市松、市松・・・・・印玄もいるでよ!
からくり人・金じゃ動かねえ、涙で動くんだ!
新・仕置人・・これを外して必殺を語るべからず。
新・仕事人・・殺しの華麗さではシリーズNO1か?!

と、ここまで書いたが、何故か9作品。そう、個人的趣向って最初に書いたでしょ。なので、ラストの作品は言わずもがな・・・


女緘屋<ところで、変な結果って?> <10 Mar 1999 01:06:59>


何のこと、ザナックさん?

うらごろしが2位なのに、仕掛人が17位とか?(単なる推測)
でも、ザナックさんも「自分の中での順位」って書いてるからええんちゃう?


ザナックー<変な結果とゆーのは> <10 Mar 1999 06:26:23>


 そうそう、仕掛人の順位とか、あと、からくり人も案外低くなりやしたねー
 それから、旋風編の方が仕事人4より上だったとか。
 新仕事屋新仕舞が案外上の方だったとか。
 「なぜーっ?」て感じー?
 今度はレギュラー殺し屋でトーナメントでもやろう(さすがにこれのリーグ戦はできん(^^;)


ザナック<ああっ、しまったっ!> <10 Mar 1999 21:49:24>


 剣劇人が抜けているではないかっ!


女緘屋<そうそう、一つ足りんなあと思ってたんですよ> <11 Mar 1999 00:23:12>


でも、私の中で剣劇人は必殺のくくりには入っていません。こんなこと言うと怒り出す人がいるかもしれません。
でも、それが正直な気持ち。

剣劇人が好きとか嫌いとか、面白いとかつまらないとか、そういった迫‘で言ってるわけじゃないんですね。
正直言って、時代劇として観た場合、結構、つきぬけてるなってのが感想。でも、必殺として観ろって言われても私の場合、無理があります。
やはり、必殺は「悪人を殺す、極悪人(人殺し)が主人公の時代劇」という自分の中での定義があるのです。
その為、ああいったストーリー、演出仕立ての作品を必殺としては個人的には観られないんだなあ・・・

ところで、もし剣劇人を入れたら、何位になるんですか?>ザナックさん

P.S昨日、気づいたのですが、「ザナック」さんじゃなくて「ザナックー」さんが正しいのですか?


ざなっく<気分次第ー> <11 Mar 1999 06:32:41>


 女緘屋さん、おはよおー。

 私は剣劇人はキャラクター3人は好きなんですよー・なんか、或る意味旧・仕置人を思わせるとこさえあってねー。
 あの女の子は少し好みから外れますが(^^;。
 ストーリーがねー、演出がねー、(泣)。ゲストの芝居もちょっとなー。。。 とゆーわけで、私にとって剣劇人の得点は松坊主を初めとする剣劇人3人のキャラだけですからー、順位はたぶん、旋風編と仕事人4の間くらいじゃないかなー、と想像いたしやす

>やはり、必殺は「悪人を殺す、極悪人(人殺し)が主人公の時代劇」という自分の中での定義があるのです。

 よれよれになっちゃっていじけた中村主水たちに対するアンチテーゼとしての役はあったとは思うんですねー、最終回ではっきり現れてる思いますー。
 でも年取ったものはもう元には戻れない。結局主水はあのまま生き続け、死んじゃうしかなかったんですねー。。。

>P.S昨日、気づいたのですが、「ザナック」さんじゃなくて「ザナックー」さんが正しいのですか?

 気分で長音入れて延ばしただけっすー(^o^) ( ^o) ( ^) ( " ) ( " ) (^ ) (o^ ) (^o^)

 殺し屋たちのトーナメントをしようとしたら、強者同士の潰し合いになって、何だか不本意だったんで、やっぱりリーグ戦にしよう。。。


竹細工師<剣劇人は・・・> ここ <11 Mar 1999 22:21:55>


私的には「必殺シリーズ」とは思っていません。よく、後期必殺で一番良かったとかいう論調?(シリーズ15年の歩み等)
を見かけますが、全くナンセンス。あれは時代劇としての完成度は高いかどうかは知らないけど、「必殺」じゃないです。
やっぱり、必殺シリーズは、根本的に暗くじめじめしていないとダメです。

みなさんに習って、私的シリーズランキング
別格 新・仕置人・・・こんな凄いの見たことない。最終回の翌日みんな、魂が抜けた状態。

1.仕業人・・・・みんな暗くて素敵。このシリーズの主水の殺し最高!
2.仕置屋・・・・第一話、最終話と殺しを見られまくりの市松。マジでつらいよ、印玄の過去。おこう可哀想。
3.仕置人・・・・みんな仲良し。楽しそうに殺す人たちは怖いです。
4.仕事屋・・・・主水も鉄もいないのにココまで面白いとは・・・。終盤の人間関係のもつれはつらいです。
5.仕掛人・・・・内容が飽きさせない。後期必殺のワンパターンがホントに情けない。
6.商売人・・・・プロ、プロ、プロ。みんなプロ。
7.助け人・・・・宮内洋かっこいい。後半のハード路線はいいです。
8.仕留人・・・・貢を死に追いやる疑問に鉄ならどう答えるのだろうか?
9.仕事人・・・・元締めが元締めらしいシリーズ。秀将棋好き。
10.新仕事人・・・このシリーズ、かなり面白かったですけど。評判よくないんですよね。主水猫を逮捕したね。
まあ、5〜10までは日によって、ランキングが変わります。

私的逆ランキング
1.仕切人・・・・ホントに勘弁して欲しかった。脚本メチャクチャ。
2.仕事人W・・・エリマキトカゲとか筋肉オトコとか。必要性のない投石機。中村家のやりとりも惰性。
3.仕事人激突・・殺し屋多すぎ。第一話で秀が「オレのダチ」ってセリフをいっていた。時代劇なんだからちゃんとして欲しい。
4.まっしぐら・・あの設定はちょっと。

新シリーズはキムタクで市松だ!シリーズ復活希望!キムタクじゃ錠かな?


ザナック<きむたくー> <12 Mar 1999 06:47:48>


 竹細工しさん、こんにちはー

>私的には「必殺シリーズ」とは思っていません。よく、後期必殺で一番良かったとかいう論調?

 影太郎に続いて、キャラクターだけはよかったと思いますー。。。だけ、ねー。。。

>やっぱり、必殺シリーズは、根本的に暗くじめじめしていないとダメです。

 仕置人たちが鉄や松坊主みたいに明るくても別にいいんですが、そこにおもーいストーリーと演出があるからグー♪
 ファースト仕置人の(って、ファーストと新しかあらへんやんけー)「女の血、そして涙」といった悲しみのテーマが似合う話が好きー。

>3.仕置人・・・・みんな仲良し。楽しそうに殺す人たちは怖いです。

 そう、ここが剣劇人とのたった一つの共通点(爆)。

>8.仕留人・・・・貢を死に追いやる疑問に鉄ならどう答えるのだろうか?

 「おめえ、何様のつもりだ?」

>10.新仕事人・・・このシリーズ、かなり面白かったですけど。評判よくないんですよね。

 第1話がそれまでの第1話に比べて「軽く」感じられたんですよー。
 「主水、出張する」とか好きですー。

>1.仕切人・・・・ホントに勘弁して欲しかった。脚本メチャクチャ。

 設定編の1,2話はまーまー。あとは、ははははは。

>2.仕事人W・・・エリマキトカゲとか筋肉オトコとか。必要性のない投石機。中村家のやりとりも惰性。

 もう、この辺は自己パロディとしか思えなかったですねー(^^;。なんか、「仕置人のパロディで仕事人てのを作ってみましたー」みたいなー(^^;。

>3.仕事人激突・・殺し屋多すぎ。

 あのお面の女の人は要らない。。。 首切り役人も活きてない。。。。
 「弁天小僧のかんざし」だけはとりあえずよい。

>4.まっしぐら・・あの設定はちょっと。

 キャラクターたちがまるで。。。

>新シリーズはキムタクで市松だ!シリーズ復活希望!キムタクじゃ錠かな?

 キムタクはいけるかも。女優さんには、佳山まりほさんを推します!きっと画面が具具具具ぐーっと引き締まる。
 力業の左トンペイと知恵袋の誰か枯れた人を配せば括゙眈ー


女緘屋<SMAPで必殺?> <12 Mar 1999 20:54:58>


と、なると、さしずめキムタクe猾、手槍、短刀系。
かとりしんごが当然、体格に見合った力技。
ゴローちゃんはナルシストなので、勇次や竜みたいな紐系の縛り技。
正八みたいなキャラとして情報屋の中居。

そして、第一話のやられる頼み人がくさなぎクン。

これじゃ、くさなぎの扱いがあんまりか?
ところで、佳山まりほさんて誰ですか、あたしゃ、知らないんですが。


女緘屋<いかん、忘れてた。> <12 Mar 1999 20:58:39>


ども、ザナックさん、こんばんはー。

せっかく、挨拶もらったのにさっきのカキコで挨拶するの忘れてた・・

おまけ:うちのATOK、「わすれてた」って打って変換すると「忘れて多」になるんですけど、大馬鹿じゃないでしょうか。おまけに「おおばか」も「大場か」になるし・・・・


ザナック<まりほさんー> <12 Mar 1999 23:50:11>


忘れて多 おお、なるほど。
大場か おお、ほんとだー。

 まりほさんという女優さんは、特撮者で出てた人です。すっっっっっっごく、巧い!
 「ジェットマン」という、大人になった感覚からするとそれは恥ずかしいタイトルの番組ですが。第1話から最終話まで通して観ると、かなり面白カッター
 少なくとも、ルーティンワークの必殺より面白かったよー(^^;


ザナック<闇の総数35名> <13 Mar 1999 00:06:22>


 殺し屋リーグ戦をやろうと思ったんですが、全員でやるのは不可能でしたー
 八尺の藤兵衛と宇蔵やブラ平や勘平を戦わせて何か意味があるのかとか(爆)、実は視聴できていなくてまるで知らない塩八さんとか、問題が大きいため、個人的な観点から、リーグ戦参加者は35名に絞り込んでしまいましたとさ。
 基本的に「新・仕置人」までのレギュラー殺し屋は全員参戦、音羽屋半右衛門のような人は含めないことにしました。と、巳代松までですでに24名、残り11名は、新次、おせい、先生、おばさん、若、左門、秀、勇次まで選び、さて残るは3人、、、いろいろ苦悶しましたが、「似たキャラがそれ以前にいなかった」を基準とし、順之助を抜擢、激闘編のはぐれ仕事人の中からは参をピックアップし、残る1人には後期仕事人最後の星(爆)影太郎を選出いたしました。
 唐十郎や政や竜や仕舞人や仕切人の皆さんは落選いたしましたm(_ _)m いや、ほんとはお国さんとか入れたかったんですが、ノートの大きさの関係で35人しか縦横書けなかったのが大きくて(爆)


ざなっく<じゃん> <15 Mar 1999 06:44:14>


1位。念仏の鉄
2位。鋳掛け屋の巳代松
3位。八丁堀の中村主水
4位。おばさん
5位。糸井貢
6位。市松
7位。印玄
8位。かざりの秀
9位。文十郎
10位。やいとや又右衛門
11位。かげろうの影太郎
12位。先生
13位。藤枝梅安
14位。棺桶の錠
15位。参
16位。時次郎
17位。土左衛門
18位。石屋の大吉
19位。天平
20位。知らぬ顔の半兵衛
21位。島帰りの龍
22位。畷左門
23位。おせい
24位。若
25位・順之助
26位。新之介
27位。剣之介
28位。西村左内
29位。三味線屋の勇次
30位。玉転がしの直次郎
31位。仇吉
32位。政吉
33位。新次
34位。藤兵衛
35位。辻平内

。。。そうだったのかあ。。。(全然違うことを思いついている)


ザナック<可哀想なやいとや(泣)> <15 Mar 1999 06:49:11>


 主水は、たとえば鉄のことは「念仏」と呼んだり「鉄」と呼んだり。
 秀のことは「睿屋」とか呼ばない。一貫して「秀」。
 では「屋号」でしか呼ばない奴はいたっけ、というと、勇次のことは「三味線屋」とは呼んでも「勇次」と呼んだことがあったかどうか、記憶は定かではない。
 山田朝右衛門のことも、「朝右衛門」とか呼んだことはないんじゃないか。
 まあ、総じて仕事人以降はつきあいがかなりドライだから。。。と思ってもいいのだけれど(勝手にいいことにするのだ)、それ以前、仕業人の時、やいとやだけはとうとう最後まで「やいとや」1本で、「又右衛門」とか親しく呼んでもらえたことってないのよね。
 結局、そういうことだったのかー。。。とか思う。。。


ざなっくー<もひとつ> <15 Mar 1999 06:56:17>


 主役は誰?
 「どちらかといえば」でもいいのだけれど。
 したら、「仕掛人」は、まあ、梅安でしょ?
 「仕置人」は、鉄か。
 「助け人」は。。。平内じゃなくて文十郎だよね?
 「仕留人」は貢でしょう。
 「仕事屋」は半兵衛。
 「仕置屋」は、主水が食い入ってきてるけど、まあ、市松か。
 「仕業人」は。。。剣之介? なんか、あたし、そういう気しないんですが?(笑) まだ、やいとやのほうがインパクトが。。。(^^;
 「からくり人」は、これは、主役、ないですな? 無理矢理言えば仇吉しか。
 「血風編」は、けれど、土左衛門という感じがする。
 「新仕置」は、「仕置屋」の時の感じで主水が食い入ってるけど鉄でしょう。
 「商売人」は、もう主水ですね。決して新次ではない。まだしもおせいのほうだけど、やはり主水としか思いようがない。
 「仕事人」は初期は左門も秀に拮抗していたけれど、途中から左門は脇に成っちゃった。
 この辺から、「主役」というのがなんかはっきりしなく成っちゃった?
 主役ってのは、その作品の「テーマ」だと思うんでげすよね。。。鉄・貢・市松と並べてみたら、この連中のカラーが即ち作品のカラーにすごく関係あったような。。。
 だーかーらー。。。


女緘屋<あっ、主役ね〜> <15 Mar 1999 19:53:01>


そうか、それはきづかなんだ・・・

そうだなあ。そのシリーズのテーマを具現化してるのが結局主役っていうことになるんだろうなあ。
仕留人の貢や仕事屋のはんべえさんとかがそうだもんな。
だから、逆説的には仕事人以降、主役がはっきりしないのは、作品そのものの見せ方が、話重視よりも見た目重視に比重が移ったせいでしょう。(ちょっと、奥歯に物の挟まったような言い方・・・)

でも、ひっと〜つ異議っていうか、お願いあり〜。
仕置人の主役は鉄と錠と(主水)ってことにしといて〜。
だって、一番好きな殺し屋は「棺桶の錠」だから、あっし・・・


ざなっくだー<てーせーだー> <15 Mar 1999 21:37:25>


 仕置人の主役は鉄と錠と(主水)の誤りでした。お詫びし、訂正します。(こーゆーのって、いつもちーっちゃく誌面の隅っこにあるけれど、ぜひデカデカと1ページ使ってやる雑誌に出てきてほしいっすねー。。。(^^;)
 それにしても、錠が好きでありやしたか。あたしは、「夜が牙むくひとつ宿」が好きでしてねー、あのラストの錠の「バカ野郎、てめえっ!!」の絶叫が好きで好きで。。。
 のちに、「大集合」で出てきた錠は。。。いったい、何が彼を変えたのであろうか。。。(泣)


竹細工師<そう言えば・・・> ここ <15 Mar 1999 22:37:44>


私の好きなやいとやはやいとやでした。でも、「屋号」だと市松は「殺し屋」だし、印玄は「えせ坊主」だし・・・。
「やいとや」はやいとやでいいと思う今日この頃です。

しかし、ざなっくさん、「参」より下に、そうそうたる面子が並んでますね。
さらに、順之助の下にも・・・・・。

それから「夜が牙むくひとつ宿」はいいですねぇ。人の女にちょっかい出す鉄といい、「ツインピークス」みたいに登場人物がみんな秘密持ってるし・・・。
ああいうのもう作れないのかな?


竹細工師<そう言えば2> ここ <15 Mar 1999 22:40:05>


>のちに、「大集合」で出てきた錠は。。。いったい、何が彼を変えたのであろうか。。。(泣)

どうしちゃったんでしょうかね。「メスと名の付くものは猫の子一匹寄せ付けない」人だったのに。
まあ、いろいろあったんでしょう。市松がああなったら困り者ですが・・・。


竹細工師<えーと・・・> ここ <15 Mar 1999 22:46:42>


シリーズ感想を更新するついでに「仕事屋」を観たんですが、
政吉の愛人「おまき」さんが色っぽい。艶っぽい。
仕業人の「先生」よりも色っぽいかもしれない。
鉄がいたらどうなってたんだろう?

あと、源五郎の演技が凄い・・・・。


ザナック<うーるーとーらーまんー> <16 Mar 1999 06:39:46>


 竹細工師さん、おはよーございますー

>しかし、ざなっくさん、「参」より下に、そうそうたる面子が並んでますね。
>さらに、順之助の下にも・・・・・。

 そうそう、リーグ戦てのは結果を出してみると、自分でも「げっ」とか思うのが出てきて面白いでげすよ(^^;。みんなもやろうー

>それから「夜が牙むくひとつ宿」はいいですねぇ。人の女にちょっかい出す鉄といい、「ツインピークス」みたいに登
>場人物がみんな秘密持ってるし・・・。
>ああいうのもう作れないのかな?

 ウルトラマンとか、あたしゃセブンとか好きで、それがだんだん描き方描かれ方が変貌して来ちゃって。。。
 それが、今やってるティガからのシリーズはときどき面白いのがあったりして。
 仮面ライダーもそういえば、だんだん「うーん。。。」になっていったのが、新シリーズのブラック編ではなかなか面白いのが出てきて。。。

 だーかーらー、スタッフとかが気持ちを切り替えて(あるいは、スタッフ一新してサー)、「いっちょ新しいことやるぞー、『なんだこりゃ、実験映画とッてんじゃねえぞー』とか上から嫌味を言われるようなのを撮ってやるぞー」とか意気込めば、前と同じというのとは違っても、また「あっ」と思う必殺が出てきてくれんじゃないかと思ったりもしますー


>>のちに、「大集合」で出てきた錠は。。。いったい、何が彼を変えたのであろうか。。。(泣)
>どうしちゃったんでしょうかね。「メスと名の付くものは猫の子一匹寄せ付けない」人だったのに。
>まあ、いろいろあったんでしょう。市松がああなったら困り者ですが・・・。


ざなっくー<下のの続き(^^;> <16 Mar 1999 06:41:53>


 切れてモータよ(^^;

 あの大集合の痛恨は、主水と錠の再会シーンがなかったことや。。。
 でも、あえて会うのを避けたのかな、主水。。。(いや、元の脚本にはそもそも錠がいなかったのは知ってるンすが。。。)


女緘屋<大集合> <17 Mar 1999 01:15:13>


ザナックーさん、こんばんはー。

あれは私的には「小集合」でした。だって、実際の仕置に参加したのは錠だけだし、おまけに主水とのからみはないし。
はんべえさんはワンシーンだけだし、天平は2度も死ぬし・・・
でも、天平の死に方はからくり人本編より格好よかったので、大集合をほめるとなると、そこになるかな?

ちなみに大集合は脚本的には「ふ〜ん」って感じでしたね。
どう客観的に観ても、仕事人3への移行のためのつなぎ話っていうのが見え見えで、私には・・・


ザナック<すぺしぁる> <17 Mar 1999 22:11:41>


 とりあえず、スペシャルの中では、「大集合」が1番私はよろしい♪
 「恐怖の大仕事」もまあまあ。
 「現代版」、録画しとけばよかった。
 「大老殺し」。鉄眼との決着はどうするのだ?(影太郎はとってつけたような出番だった(^^;)
 他はよく覚えテイマしぇん(^^; (泣)(泣)


女緘屋<スペシャル?> <18 Mar 1999 00:55:24>


「アヘン戦争」なんてのもあったなあ。
あれは沖さんの仕置人の時のバンクフィルムを使用していたりして、それがちょっとうれしかった。(沖さんが自殺して、ちょっとしてから作った作品だったから)

でも、内容的には「ごった煮」の感は否めない。
ナポレオンや平賀源内とか遠山の金さんとか無理矢理出してるしねえ〜。

物語よりもイベント的な発想を感じますね。

>とりあえず、スペシャルの中では、「大集合」が1番私はよろしい♪
私も同感かな。他のスペシャルに比べたらね・・・(いかん、これは批判になってしまうのだろうか? 極力、作品の批判は避けたいのだが)


ざなっく<好き嫌いと批判と悪罵> <18 Mar 1999 06:41:21>


 「◎◎が好き」っていう分には、いったい何の問題があるだろうか。。。と思いますー
 「◎◎と較べたら」という言い方も、「好きな度合い」でいう分には良いんじゃないかなーて思ってますー
 「◎◎はダメ」ともし言うなら、「◎◎なところが自分にとっては」と、あくまで自分の基準でしかないことを明記する必要はあると思いますー
 「◎◎はダメ。◎◎なんか好きさって言ってるやつは××」とか言う言い方をするのは、信じらんない(^^;
 でも、そんな言い方して無茶苦茶こき下ろして論争しているのを、外から無関係に眺めているのはおもしろいー(^^; でも、そこでメチャクチャ言われているのが自分のひいきのものだったりするとむかつくー(^^;
 好き嫌いっていうのは、理屈じゃない部分もあるから、絶対の基準なんてないはずですわな。
 「好き」って言う分には、誰を傷つけることもない。「嫌いッ」と言うと悲しくなる人もいるなら、「自分にはダメ」くらいの言い方なのかなー?
 言わないのが一番無難かー(^^;
 つらつら考えるー(^^;
 管理人さんの竹細工師さんにガイドラインを出してもらって、それに従えば客としては楽ー(^^;


竹細工師<ガイドライン> ここ <18 Mar 1999 23:42:23>


ざなっくさんこんばんは。
ウチの掲示板は、必殺に対する”愛”があれば批判も可です。
論争もかまいません。だってつまんないもんはつまんないし。

「大集合」は面白かったですね。
半兵衛さんが大きくみえたし。主水が復帰を渋るのも良かった。
しかし、錠との再会うシーンがないのはあまりにもひどいんではないかと。


女緘屋<理由> <19 Mar 1999 00:44:59>


私が作品批判を避けようとするのは、「どんな作品にも必ずよい点はある。だから、欠点をけなすのではなくて、良い点をみつけてほめてあげよう」などといった精神からではありません。(あらら)

つまんないやつはどうフォローしようとつまらんのだ!(自爆)

でも、それは私の個人的意見なわけですが、それがもとで一回痛い目をみてるので、もう無益な争いは避けたい。それが作品批判を自粛しようとしている理由です。

まあ、xxはつまらないという話よりも○○は面白いよね、という話のほうが、してて楽しいしね。

やはり、竹細工師を名乗る以上、市松のコーナーはGOO!ですよ。
>竹細工師さん


ザナック<目が醒めたー> <19 Mar 1999 05:33:42>


 早起きしちまった。。。おはよーございますー

>錠との再会うシーンがないのはあまりにもひどいんではないかと。

 というわけで、やはりあれは「主水がわざと会うのを避けた」ということにします(゜〇゜;) 当然それは、「あの頃」を思い出すのが辛い。。。という理由であります(゜〇゜;) 鉄なんか、死んじゃったし。。。

>まあ、xxはつまらないという話よりも○○は面白いよね、という話のほうが、してて楽しいしね。

 まったくですなー。昨日ねー、回転寿司の店に入ったんでげすよ。で、しばらく食べてたら、そのうち隣におばちゃん2人連れが来てねー、「やっぱり寿司は鮮度よねー。回転寿司なんてサー、いつ作ったかわかりゃしないじゃない」とか、「こんなにぎっしり隙間もなく流してサー、注文受けて作るのがイヤだからだよ」とか声高に言いながら食べてんの(^^;。おまえら、食うなよ。。。とか思ったのサー。。。(^^;。つまり、そういうことなのもかね。。。


都の商売人<幻の画面> ogi@ma4.justnet.ne.jp <19 Mar 1999 13:44:06>


お久しぶりです。都の商売人です。

私は設定上は存在してても、画面では描かれてなかったシーンは、
「存在はしているが、たまたま見る事が出来なかった」と考えてます。

従って、我々の目の届かぬところで、主水と錠は再会し、
勇次と鹿蔵はどこかで顔を合わせ、おけいは主水の子供を授かった
‥‥そう考える方が楽しい!


ザナック<>都の商売人さん> <19 Mar 1999 23:25:05>


 「裏か表か」のカットシーンとかと合わせて、「裏」で出回りそうなシーンですなあ。。。
 特にやっぱり、主水と錠の再会シーンとか、5分足らずのものでも、5,000円だよとか言われても買っちゃうよなあ。。。


じゅうべい<ケケ糸田工> <19 Mar 1999 23:25:40>


市松・・は、ほぼ見たことないのでよくわかりませんが、
「何で食っているかわからない」
というのは、「竹細工師の市松」というくらいなので、
実際の職業は「竹細工師」。だが、ほとんど売れないので、
なにで食っているかわからない。
という解釈は面白いのではないでしょうか。
あまり利益を追求してそうでもなさそうだから・・。
それかふらふら出歩いていて仕事をさぼっている・・。
だめですか。


女緘屋<おっ、みなさんがやってきた。> <20 Mar 1999 00:17:25>


せっかく、みんなが来たのに、私は28日までネットから離れます。
ザナックさん、帰ってきたら、また遊んでください。

みんなもきてねー(管理人代理か?!)

ちなみに、どうしてネット出来ないかというと「バタビア渡航」を果たすためです(笑)


ザナック<ケケ糸田工> <21 Mar 1999 00:40:20>


 けけ細工ってなんだろう、と最初おもっちまったぜーー(^^;。マネしちゃおう(^^;。
 いきなりなんの話題かナーと思ったら、別ページに新コーナーができてタンスねっ。
 このページは画像が多くてうれしいナー。
 じゅうべいさん、市松は確かに、秀さんみたいに仕事をちゃんとしてた様子はないっす(^^;。客らしい人が訪ねたこともないし、どこかで客と会ってたこともないはずー(^^;。つまり、開店休業か?(^^;
 食えるはずはねえすねー(^^;。
 市松の場合、「仕置屋」以前から「殺し屋」をしてたんで、ケケ細工はほんとに世を忍ぶ仮の姿だッたんすかね?

 達さん、早くけえって来てねー(ところでバタビアってどこに亜るンだー? 錠はまだいるのカー?)


都の商売人<竹細工師> ogi@ma4.justnet.ne.jp <21 Mar 1999 13:59:56>


‥‥は、市松の父の代からの仕事だったので
(父も殺し屋。演ずるは沖雅也)
殺し屋と共に続けて来たのでは?


竹細工師<ケケ糸田工> ここ <21 Mar 1999 22:57:53>


おお、めづらしく市松の話題になっている。あ、都の商売人さんこんにちは。どうも。
幻の場面ですか・・・。そいうえば新仕置人のラストも結構凄い設定だったとか。(川に沈める)
でも、錠が「久しぶりに・・・・・楽しみだ」とかいうので期待度が「無限大」になっちゃいましたからね。

市松は仕事をやる気があるようにみえないなあ。そこがいいんだけど。
でも、水芸の水道管を作ったりしているんだから、やるときはやるのかな??

じゅうべいさんは市松のお勉強をもっとしましょう。
女緘屋さんお元気で!またお逢いいたしましょう。


都の商売人<市松と剣之介の出会い> ogi@ma4.justnet.ne.jp <23 Mar 1999 11:40:47>


‥‥と言う研究?…を書いて、山田会長にお渡ししたんですが
‥‥「とらの会」会誌に載せて貰えるかなあ?


ザナック<市松と剣之介> <23 Mar 1999 23:16:34>


やっぱ、対決したんでしょうかねー。。。


竹細工師<市松と剣之介> <24 Mar 1999 00:06:32>


どんな会話をするのでしょうか?どちらが最初に話しかけるのかな?


ザナック<会話> <28 Mar 1999 03:46:46>


市松「おめえさん。。。たしか、疾風の竜。。。とか言ったな?」
剣之介「? 。。。知らねえな。。。あっしには関わりのねえ名前でござんす」


ケケ糸田工氏<さすがです。> ここ <28 Mar 1999 16:09:24>


>「おめえさん。。。たしか、疾風の竜。。。とか言ったな?」
はは、括゙眦すね。座布団4枚ぐらい確実ですね。

GIFアニメーションで、”殺し”のシーンを作ってみたんですが、思った以上に時間がかかってしまう。
必殺HPとしてちゃんと作らなきゃと思ってるんですが・・・。
Yahooに登録出来る程度にはしたいなあと。


必殺必中女緘屋<帰ってきました> <28 Mar 1999 18:15:19>


いやあ、バタビア渡航をして帰ってきました。錠は元気でした。(大嘘)。

日本は寒いなあ・・・まだ。


じゆうべい<青い目?> <29 Mar 1999 02:16:13>


なんか、豪華になりましたね。でもナルシストのページが消えた。密かに東京スポーツページも。

達さん、ばたびあですか、いいなー。現地のツアーコンダクターは棺桶の錠さんかな。


ケケ糸田工呂巾<バタビア> ここ <29 Mar 1999 22:05:38>


女緘屋さんお帰りなさい。
バタビアってどこなんでしょうか?日本と国交があったということは、オランダの植民地?

>なんか、豪華になりましたね。
ええ、やれるときにやらないと。職業無職の他にも職業飾り職とか職業情婦とか性格憂鬱とかやりたいですからね。


ケケ糸田工呂巾<市松の出番だかな?> ここ <30 Mar 1999 00:22:40>


”だんこ3兄弟”効果で団子用の”竹串”が品不足とのこと。
市松は団子の串は作ってたのかな?
ちなみに現在はほとんど中国からの輸入だそうです。

なんか寂しいですね。


必殺必中女緘屋<充実してきましたねー> <30 Mar 1999 09:57:37>


ここは、ザナックさんの言う通り、映像豊富な必殺サイトでしたけど、最近特に充実してきましたねー。

CSのお陰かな>竹細工師さん


ケケ糸田工呂巾<CSのおかげでもあります。> ここ <30 Mar 1999 23:55:42>


はい、CSはいいですね。特にホームドラマチャンネル。
5月から助け人走るのあと、「必殺仕掛人」やるそうですし・・・。これで1ヶ月月550円は安すぎ。
ちゃんと4話ぐらい放送するし。
それに引き替え、衛星劇場はなんぞや。1800円で、一ヶ月で2話しか進まない。
いくら「仕置屋家業」が放映されているとはいえ、ちょっとつらい。

でもって。スカイBの方の「時代劇専門チャンネル」で必殺を流さないのは詐欺まではいかなくても、
”看板に偽りあり”だと思うのですが・・


ざなつく<あっ> <31 Mar 1999 06:18:57>


タイトルロゴが変わってるー


必殺必中女緘屋<最近、> < 3 Apr 1999 00:33:12>


必殺の新作はあるのだろうか?などと考える。
映画で三味線屋勇次は結構良かったようなので、是非とも続編、あるいは、別の必殺を作って欲しいなどと思うのだ。

これだけのファンがいるのである。期待に答えてほしいぞ、松竹!!

しかし、未だに始末人にどうしてトシちゃんを使ったのかよくわからない。今度、1〜3をビデオ屋で借りてきて観よう。観ずしてごちゃごちゃ言うのはいかんからね。


ざなつく<あっ、しまった> < 3 Apr 1999 00:38:21>


4月1日のエイプリル・フールに大嘘書き込もうと思っててつい忘れたー。
「祝・必殺テレビシリーズついに復活! 新装第1弾は『必殺仕置人・煉獄編』、なんとあの人が復活! 涙がちょちょぎれるー!(ここまで嘘)」とか(^^;。


ケケ細工師<エープリルフール> ここ < 3 Apr 1999 23:16:03>


そういえばそんな日もありましたね。
「必殺シリーズが復活、”新・必殺仕置屋家業”がスタート。キャスト:木村拓也、阿部寛、天海祐希、渡辺篤史(元締役)」
わたしとしては現実味を加味してこんなもんですかね。

>しかし、未だに始末人にどうしてトシちゃんを使ったのかよくわからない。今度、1〜3をビデオ屋で借りてきて観
よう。観ずしてごちゃごちゃ言うのはいかんからね。
実は私も観てなかったりして・・・・。衛星劇場、1800円も払ってるんだから、またやって欲しい。


ザナック<始末人> < 4 Apr 1999 00:39:05>


 あたしにはまあまあでしたー。噂ほどひどくはなかったー(^^;。
 でも、「勇次」の方が面白かったなー。。。せっかくの南野陽子なんだから、もっとうまい使いようがあったんじゃないかなあ。
 とにかく見てみてー。そしたらまた話しましょうねー(^^)


必殺必中女緘屋<あと「ブラウン館」とかも> < 5 Apr 1999 18:24:11>


観てないんだよね〜。

悪評高いから一回観てみたいんだけど(笑)

でも、はっきり言って必殺の映画は殆ど外しだからなあ〜(爆笑)

今月の殺し屋、やいと屋、いいですね。
次は鉄っつあんを希望>管理人さま


ケケ糸田工師<映画は・・・「裏か表か」かな?> ここ < 5 Apr 1999 21:59:23>


「ブラウン館」は凄かったなあ。スタッフも吹っ切れたんでしょうね。
完成した作品を観たんでしょうか?

>次は鉄っつあんを希望
今後の予定、宇蔵、勘平、石亀、桂馬のお銀となっております。


ざなつく<ブラウン館。。。> < 5 Apr 1999 22:23:20>


殺しの時の音楽がちょっと耐えらんなかったの。。。(T_T)


必殺必中女緘屋<始末人がない!!> < 7 Apr 1999 20:48:33>


うちの近所のヴィデオ屋、始末人置いてないぞよ。

しょうがない、ブラウン館でも借りてきますね〜。


しののめ<ある意味観ておかねばならぬ逸品・・・> < 8 Apr 1999 23:08:33>


ですぞ、「ブラウン館」は。
予定調和時代劇をブチ破った「仕掛人」や
バイオレンス全開「仕置人」を作った同じ
スタッフで「こんなん出来ました」みたいな
「名作」もとい「迷作」「怪作」です。必殺
FCの山田会長をして「底抜け超大作」
といわしめた(by白泉社・映画秘宝)アノ
作品を観なきゃ仕置き!っす。
でも「まじめ」に取り組んでいるぶん肩
すかしなのが「始末人」やねぇ、ウン。
まず作品に「ウリ」がない。大スター起用
とか必殺お得意の「話題づくり」とか、イベ
ント企画とか、なんせ世間への告知、アピ
ールがなってないっていう印象が強いな
ぁ・・・確かに手堅い内容、映像美、と
装丁は「必殺」しているんだけど、終わって
からなにかしら「借り物」みたいな感想しか
湧いてこなかったのも事実やし・・・まだ
トシちゃんに遠慮があるっちゅーか(スタッフが)、シゴキ足りないっちゅーか・・・もっと
”汚れ”な役与えた方がひと皮むけた「田原」観れたんやないかなァと・・・僕の個人
的な感想としては、田原起用にゃ異存は
ないけど「使い方」に異議アリっちゅーとこ
です。ドラマじゃなく「必殺ごっこ」みたいな
仕上がりに少々がっかりしました。
だから期待しないで観た「勇次」はマイナス要素を上げだしたらキリがないけど結構
イケてました。
「始末人」だって見所はあるよ(一応フォローも入れとこ)、元締おとらのキャラ完成度
、1話で絶命が惜しまれるお駒像とか・・・
イイも悪いもとにかく1度観てみるべし。
人生勉強や!


ケケ細工師<「ブラウン館」> ここ < 9 Apr 1999 23:57:11>


しののめさんこんにちは。
>ある意味観ておかねばならぬ逸品<
そうかもしれませんね。
映画館で観ているときは苦痛でしょうがなかった。
テレビで放送されたときは、録画をしたけど観なかった。
そろそろ観てもいい時期かも。
もしかしたら、当時と違った印象を受けるかもしれない。

最近は助け人の終盤、仕置人の前半、仕置屋(CS放送)を主に観ている状態なので、
「ブラウン館」を観てみるのもいいかもしれない。早速、日曜日にでも観てみよう。


必殺必中女緘屋<ブラウン館・・・> <12 Apr 1999 22:55:40>


殺しのシーンだけ見ました・・・・

皆が皆、揃って「音楽が・・・」という意味わかりました。

ブラウン館ファンの方には申し訳ないが、殺しのシーン、および殺しのBGM、これで私にはもう充分です。

討ち死に、でした。


じゅうべい<ブラウン館の怪物たちはおもしろい> <13 Apr 1999 01:52:17>


いやー、面白いっすよ「ブラウン館の怪物たち」ほかのも面白いですよ
音楽ってどんなのでしたっけ?
昨日あたりに仕事人Vをみました。竜がとってもよかったです。
おそでちゃん(ある回の頼み人)にほれられていました。
野際陽子を仕事する政さんもいました。面白かった!

さて、お花見ツアーですけど、おじゃまにならないようならば参加します。
どういう「お花見」ですか?
ひかる一平もなんか最近、ワイド劇場などに殺され役ででていました。